肩甲骨ダイエットの効果と特徴

テレビ番組「スター★ドラフト会議」で紹介され、今や雑誌や本屋でもよくみかける「肩甲骨ダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか。通称ゲッタマン体操とも呼ばれ、GETTAMANさんが提唱しているダイエット方法です。朝晩2回5分のストレッチをするだけ、という内容の簡単さから、『肩甲骨美人ダイエット』(グラフ社)を出版した韓国出身のパリコレモデル、アンミカさんをはじめ、杉本彩さん、はるな愛さんなど多くの芸能人の間でも実践されています。

この、肩甲骨ダイエットですが、「褐色脂肪細胞」という細胞が大きく関係しています。褐色脂肪細胞は、肩甲骨とその周辺に多く存在し、食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがあります。肩甲骨を動かすことで、褐色脂肪細胞の働きを活発にすると、リンパの流れがよくなり、むくみやセルライトを取り除くなど、脂肪を燃やしやすい体をつくることができます。
この肩甲骨ダイエットは主に肥満予防に有効なダイエット方法といえるでしょう。

また、肩甲骨の周りのこりをほぐすことで背骨のゆがみが治り姿勢を改善することができた、という報告があるように、ダイエットにとどまらず、肩甲骨のストレッチは体全体によい影響を与えています。
肩甲骨ダイエットの実践とともに、摂取するカロリーを減らすような食事のコントロールをすることで、更なる効果が期待できそうです。

ドライフルーツダイエットの効果と特徴

ダイエットをしたい、でもお金と労力をなるべくならかけたくない!そんな贅沢な?!悩みを解消する一つのダイエット方法が今話題になっています。それが、「ドライフルーツダイエット」です。過去には雑誌「美的」で特集が組まれていたり、2012年12月14日の優木まおみさんのブログでは、読者のダイエットの質問に答えるかたちで、ドライフルーツで小腹を満たす方法が紹介されています。

ドライフルーツダイエットは、朝食として、またちょっと小腹が好いたときや、おやつの時間に、プルーンやレーズンなどのドライフルーツを食べるだけで簡単に実践できるダイエット方法です。コンビニのお菓子やデザートが欲しくなったときに代わりにドライフルーツを食べるようにすることで、疲れを生みやすい白糖の摂取から天然の栄養素を含む果糖の摂取へと体に取り入れる甘みの質を変化させることができます。
ドライフルーツには、食物繊維の豊富に含まれるため満腹感を得やすい、食品のブドウ糖吸収速度を表す「GI値」(グリセリック指数)が低いため脂肪を蓄積しにくいという効果がありますが、鉄分やミネラルも豊富に含まれるためお菓子の代わりにドライフルーツを食べることは健康にも良いといえます。(ドライフルーツは加糖していないものを選びましょう)
ただし、果糖を摂取していることには変わりないので、急激なダイエットには適していません。2か月で5キロ痩せたという報告もありますが、効果は徐々に表れる、気長にダイエットに取り組める方向けのダイエット方法です。
今は、プルーンやレーズンだけでなく、しょうがやトマトなど様々なフルーツ(野菜)がドライフルーツとして販売されています。好みのドライフルーツを見つけて美味しく無理のないダイエットをしていきたいですね。リポサンウルトラ 副作用