ドライフルーツダイエットの効果と特徴

ダイエットをしたい、でもお金と労力をなるべくならかけたくない!そんな贅沢な?!悩みを解消する一つのダイエット方法が今話題になっています。それが、「ドライフルーツダイエット」です。過去には雑誌「美的」で特集が組まれていたり、2012年12月14日の優木まおみさんのブログでは、読者のダイエットの質問に答えるかたちで、ドライフルーツで小腹を満たす方法が紹介されています。

ドライフルーツダイエットは、朝食として、またちょっと小腹が好いたときや、おやつの時間に、プルーンやレーズンなどのドライフルーツを食べるだけで簡単に実践できるダイエット方法です。コンビニのお菓子やデザートが欲しくなったときに代わりにドライフルーツを食べるようにすることで、疲れを生みやすい白糖の摂取から天然の栄養素を含む果糖の摂取へと体に取り入れる甘みの質を変化させることができます。
ドライフルーツには、食物繊維の豊富に含まれるため満腹感を得やすい、食品のブドウ糖吸収速度を表す「GI値」(グリセリック指数)が低いため脂肪を蓄積しにくいという効果がありますが、鉄分やミネラルも豊富に含まれるためお菓子の代わりにドライフルーツを食べることは健康にも良いといえます。(ドライフルーツは加糖していないものを選びましょう)
ただし、果糖を摂取していることには変わりないので、急激なダイエットには適していません。2か月で5キロ痩せたという報告もありますが、効果は徐々に表れる、気長にダイエットに取り組める方向けのダイエット方法です。
今は、プルーンやレーズンだけでなく、しょうがやトマトなど様々なフルーツ(野菜)がドライフルーツとして販売されています。好みのドライフルーツを見つけて美味しく無理のないダイエットをしていきたいですね。リポサンウルトラ 副作用